認知症との違い 

シニア

人間の記憶力は20代がピークでその後は徐々に衰えていくといわれています。記憶力以外にも判断力や適応能力も60代を堺に衰える傾向があります。これは自然な現象です。記憶力の低下による物忘れは誰にでも起こる現象ですので、認知症ではありません。

実際に加齢に伴う物忘れとはどのようなものかというと、知人としていた約束をうっかり忘れてしまったり、映画やドラマに出演する俳優さんの名前をど忘れしてしまったりすることです。物忘れの場合は、誰から知人と約束したことを指摘されると約束していたことを思い出すことができます。しかし、認知症は違います。知人とした約束の存在自体を思い出すことができません。認知症患者さんはそもそも約束すらしてないと思っています。

自分や家族が認知症か物忘れなのか判断できない時は、インターネットを利用してみましょう。検索すると、いくつかの項目にチェックするだけで簡易的に判断してくれるサイトも存在します。それでも不安に感じている方は専門医の受診を受けてください。加齢による物忘れなら良いのですが、万が一認知症だった場合は早期の発見が肝心です。認知症は徐々にゆっくりと症状が現れずに急激に進行することもあります。そして、一度認知症が悪化してしまうと、改善することは難しくなってきます。ですので、少しでも自分は認知症かな。と不安に感じる人は早目の対策がとても大事になってきます。また、ご家族にお高齢者がいて、最近物忘れが酷いと感じる場合は、認知症の可能性もあるので医師に相談してみましょう。

認知症と物忘れ 

シニア

アルツハイマー型認知症は脳の病気です。最近は増加の傾向があり、男性よりも女性の患者さんが多いのが特徴です。また、物忘れとは違い、アルツハイマー型認知症は思い出すことができません。悪化すると改善も難しくなります。

詳細を確認する...

だるさを感じる人

漢方

人間は様々な刺激を受けながら生きています。その刺激から体の調整をするのが自律神経です。この自律神経の機能が低下する症状を自律神経失調症といいます。自律神経失調症には漢方薬が効果的です。専門店などで購入しましょう。

詳細を確認する...

生活習慣とストレス解消

健康食品

自律神経失調症は人によって様々な原因があり治療法も違います。自分の症状と原因をしっかりと理解することが大事です。多くの患者さんの生活習慣の改善やストレス解消で改善することがあります。自分に合う治療法を見つけてください。

詳細を確認する...